味噌とワインのパートナーシップ♪ 2013.05.19

ワインも随分と日常の生活に楽しまれるようになってきました。

国際コンクールなどでの日本人の活躍もふくめ、手軽な価格のワインが増えたことも
影響しているようです。

さて、ワインはそれだけでも楽しむことができますが、やはり食事と合わせると楽しみも広がりますよね?
イタリア料理、フランス料理、スペイン料理などワインと料理を思い浮かべると、西洋料理を思い浮かべる方も多いかと思います。

今日は、日本の代表な調味料「味噌」とワインのお話です。

 

味噌とワイン?と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、今や様々な日本の調味料の中でもフランスやイタリアのレストランで日常的に使われている調味料の一つが「味噌」。

先日放映されたボキューズドール(フランス料理の国際コンクール)でも、三ツ星フレンチシェフが、「醤油」 「味噌」はフランス料理に欠かせない調味料だとコメントしていました。

実際は?

 

基本的に、日本の調味料の中でも「味噌」はワインにとてもよく合います。
ワインに・・・というよりも西洋料理の調味料としても違和感なくとけこむというのが大きな理由でしょうか。

例えば、ホワイトソースには白味噌は抜群に合いますし、あわせ味噌もアクセントでよく合いますし、カレーに白味噌を加えると、とても風味豊かな味わいに仕上がります。

フランス料理を代表する、コック・オ・ヴァン(鶏の赤ワイン煮)には赤味噌!
味の奥行きが出て、ボルドーワインやカオール(黒のワイン)に良く合います。

身近な料理ですと、ハンバーグを作る際、塩の代わりに味噌を加えるとびっくりする位味わい深いハンバーグが出来上がります。

 

あるワインショップのお客様の声の中で、「ワインが好きでよく購入するが、自宅で作る料理が悩む・・・」 という内容が多いとの事。

ワインショップ側からすると、「どんな料理に合わせたいか言ってもらえれば・・・」ということらしいのですが、そうそう料理が決まっている事が多いわけでもなく、ワイン優先で購入された場合は余計に悩まれることが多いようです。

そんな時は、普段の料理にお味噌をアクセントとして使ってみても良いかもしれません。
すごくシンプルな方法ですが、ワインの色にあわせた味噌を料理に使われるのも一つです。

構えず、気取らず、気軽に楽しむことが一番!ですね。

 
  

◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇
住所:兵庫県芦屋市山芦屋町10-5
Mail:mail@justice-j.ne.jp
H P:http://www.justice-j.ne.jp/

問合せ時間 10:00~18:00
【発行者】 株式会社ジャスティス
       JusticePlanning ジャスティスプランニング

~ジャスティスプランニングは神戸、芦屋、大阪を中心に
             サービス業のコンサルティングを行っています~

◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇

株式会社然