コミニケーションの入り口でつまずいていませんか? 2013.06.14

コミニケーションは「話して、聴く」という言語要素が中心だと思います。

慎重に話し、聴くべきことは聴いている・・・

でも、コミニケーションがうまくいかないというのであれば、言語以外のことでつまずいている可能性が高いと思われます。

こんなことはありませんか?

 ・初めての会合などで、自分から話かけず、一人を楽しんでいる

 ・部下に甘くみられないように、笑顔を控えている

格好悪いと思ったり、照れくさくてできなかったりと思っているのかも知れません。

ですが、人は自分と異質と感じたものに「拒絶反応」を示します。
質の異なるものから自分を守ろうとするのです。

 
これに対して、「あなた方と同じですよ」というようなアピールを
言葉や態度でおこなうことがコミニケーションのキッカケとなります。

コミニケーションの入り口でつまづいている方は、聴くことも話すこともそつなくしているのに、
このキッカケを嫌う傾向が多いようです。

こう考えてみてください。

失敗をした後、上司が怖い顔で、「怒っていない」と言ったら
あなたは上司の表情・言葉のどちらを本当のメッセージとして受け取りますか?

ほとんどの人は、言語化されていないメッセージが本当だと受け止めます。
あるいは、矛盾したメッセージに混乱することもあるでしょう。

 
これらは、日常のちょっとしたことにもあてはまります。

あなたは部下の話を聴くとき、向き合ってアイコンタクトをとっていますか?
椅子にふんぞり返ったり、横を向いたりしていませんか?

診察室で、ひたすらパソコン画面を見ながら
あなたを見ない医者を信頼することができますか?

コミニケーションにおいて、言語そのものから伝わる要素は10%にも満たないというデーターがあります。
声や表情、服装や姿勢などで伝わるメッセージは、言葉以上に多いのが実情なのです。

心から相手の話を聴こう!という心があれば、身体は自然と相手の方を向きますし、
声の調子などもあわせるようになります。

あなたのつまずいているコミニケーション、そのキッカケは心がともなっていますか?

◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇
住所:兵庫県芦屋市山芦屋町10-5
Mail:mail@justice-j.ne.jp
H P:http://www.justice-j.ne.jp/

問合せ時間 10:00~18:00
【発行者】 株式会社ジャスティス
       JusticePlanning ジャスティスプランニング

~ジャスティスプランニングは神戸、芦屋、大阪を中心に
          日本全国のサービス業専門コンサルティングを行っています~

◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇

 

株式会社然