騙されるロジック 2013.06.28

様々なセミナーやハウツー本があります。
これらは、一般の商品の販売と変わりません。

それは、如何に人を集めるか、如何に売るかということです。

 
1.売る対象は誰か?

2.消費者は何を望んでいるのか?

3.消費者はどれを手にとるのか?

この、『誰に』 『何を』 『どれを』といったような流れで考えられるパターンが一般的です。

さて、一見良くできたロジックですが、これには大きな落し穴があるのです。

以前、マーケティングコミニケーション④ ~SWOT分析の落し穴~でも述べましたが、よく出来ている戦略ツールでも、気をつけないと大きな失敗につながります。

今回は、この騙されるロジックの答えが何なのか、皆様に考えて頂きましょう。

これに気付かないと、いくらミーティングをしてもSWOT分析などの戦略ツールを使っても、間違った方向にいく可能性が高いのです。

細かい条件は、お店や事業によって変化させる必要がありますが、今回の問題点は、ごくごく大枠の基本部分です。

ちょっと、考えて見てくださいね。
ちなみに、欧米では答えを与えず、質問に答える方式が一般的です。
何故なら、個人の考える力が圧倒的に身に付きますから。

次回ブログの中では、『騙されないロジック』として今回の答えをお話します。

◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇
住所:兵庫県芦屋市山芦屋町10-5
Mail:mail@justice-j.ne.jp
H P:http://www.justice-j.ne.jp/

問合せ時間 10:00~18:00
【発行者】 株式会社ジャスティス
       JusticePlanning ジャスティスプランニング

~ジャスティスプランニングは神戸、芦屋、大阪を中心に
          日本全国のサービス業専門コンサルティングを行っています~

◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇

株式会社然