騙されないロジック 2013.06.29

  1.売る対象は誰か?

 2.消費者は何を望んでいるのか?

 3.消費者はそれを手にとるのか?

この、『誰に』 『何を』 『それを』といったような流れで考えられるパターンが一般的です。

さて、このロジックには落し穴があると話しました。

こう、書き換えると如何でしょうか

 1.売る対象は誰なのか?

 2.消費者は何を望んでいるのか?
 3.消費者は何を望むだろうか?

 4.消費者はそれを手に取ってくれるだろうか?

ポイントは、2と3ですが、

良くおちいる失敗として、2が挙げられます。
これは、SWOT分析の落し穴として、自社に関係なく市場で機会を見ることが
出来ず、
自社に何が出来るか、から発想してしまい、ポイントがずれてしまうのです。

『こんなものが欲しかった!』

これには、消費者が何を望むのだろう?という予測と創造から始まります。

この2つを踏まえてこそ、騙されないロジックとなるのです。

◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇
住所:兵庫県芦屋市山芦屋町10-5
Mail:mail@justice-j.ne.jp
H P:http://www.justice-j.ne.jp/

問合せ時間 10:00~18:00
【発行者】 株式会社ジャスティス
             夢と目標の実現サポート JusticePlanning

~ジャスティスプランニングは神戸、芦屋、大阪を中心に
        日本全国のサービス業専門コンサルティングを行っています~

◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇

株式会社然