表現の違いで価値が変わる ~あなたが伝えたい人は誰ですか?~ 2013.07.03

特別な日や何かの記念日に、高級なもしくは高級そうなレストランを利用することはありませんか?

 

男性なら初めてのデートに奮発したり、結婚記念日であったり、女子会で美味しいものを!なんて利用することがあるかと思います。

ところで、こういったレストラン、例えばメニューがフランス語で書かれているような場合、
どれだけの人がメニューの中身を理解して、『本当に食べたい!』と思っているものを食べているでしょうか?

例えば、
Langoustine à l’américaine,Braisé d’Oremeau “Tendre” Sauce Hollandais
これだけだと、ほとんどの方が何のメニュー??状態です。
これの日本語訳として
『手長えびのアメリカ風 柔らかい蒸し鮑 ソースオランデーズと共に』

 
写真でもあれば、まだイメージも湧くでしょうけれど、
言葉だけでは、分からないことが多いのが高級レストランです。
ソースオランデーズもそうですが、”蒸し”をブレゼ=Braiseと書いてあるレストランも沢山あります。
こうなるとフランス料理の技法や中身を理解していないと、訳がわかりません。
付加価値を創出する点で、こういった手法をとることはありますが、この影響でお客様がが入らなければどうでしょうか?

法律家、レストラン、旅館、ホテル、高級紳士服など素晴らしい技術や知識を持った人々が、沢山います。
ですが、
 知識の豊富な弁護士事務所は絶対に流行るのか?
 美味しければ絶対に流行るか? 
 風光明媚な観光地で管理の行き届いたホテルや旅館は絶対流行るか?
 素晴らしい素材と技術をもったオーダメイドの紳士服は絶対に流行るか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

その価値を伝え、なおかつ受け入れられなければ流行らないのです。

勘違いをして欲しくないのですが、これは『お客様のニーズに応えなければならない』ということではありません。

『価値を伝える』ことの本質は、お客様に、『こんな素敵なものがあるのですが、どうですか?』 と、ニーズに気付かせてあげることなのです。

次回は、
  『ニーズに応える』
  『求めるニーズに気付かせる』
この違いが、天と地ほどの価値の違いがある事についてお話しましょう。

◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆
住所:兵庫県芦屋市山芦屋町10-5
Mail:mail@justice-j.ne.jp
H P:http://www.justice-j.ne.jp/

問合せ時間 10:00~18:00
【発行者】 株式会社ジャスティス
        集客と売上サポート  ジャスティスプランニン

~ジャスティスプランニングは神戸、芦屋、大阪を中心に
      日本全国のサービス業専門コンサルティングを行っています~

◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆


   
  

株式会社然