買ってもらうアプローチ  ~お客様へ直接呼びかける~ 2013.07.22

身の回りに、広告って沢山ありますよね。

新聞にDM,電車の吊広告、街の掲示板、テレビのCM,ラジオ、インターネット
など、広告に触れない日を探すほうが難しいはずです。

だからこそ、目に触れさせる工夫が必要です!

『ダイレクトレスポンスマーケティング』

ご存知でしょうか?

1961年に、レスター・ワンダーマンが科学的な広告原理に基づき、効率的な販売方法として提唱した方法です。
とは言っても、中身はとてもシンプルで、「伝える」広告ではなく、「反応を得る(=購入など)」事に主眼をおいた方法です。

実際、この方法は自動車業界、食品業界、情報業界などあらゆる業界で使用されています。

『販促物は基本を押えて製作しましょう』で、選んでもらうための工夫について
お話しましたが、
ようは、「買ってもらえる可能性の高い顧客へ、よりアピールしましょう!」と言う
ものです。

例えば、こんなポップがあると如何ですか?

 

肩こり関係の商品は、どこのドラッグストアに行っても沢山あります。
その中で、値札だけでなく上記のようなポップがあればどうでしょうか?

少なくとも、『肩こり』に悩んでいる人には訴求効果が上がるはずです。

いくら良い商品やサービスを準備しても、知ってもらえなければ
意味がありません。
次は購入してもらうために、より購入確率の高い人へ、商品の付加価値を伝える必要があるのです。

この方法は、どんな業種業態でも使えます。
小売店、美容室、飲食店、法律事務所、ホテル、ブライダルなどなど・・・

数ある商品の中で、数ある店舗の中で、皆様を選んでいただく「付加価値」を
伝える。

これが、大切です。

◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇
住所:兵庫県芦屋市山芦屋町10-5
Mail:mail@justice-j.ne.jp
HP : http://www.justice-j.ne.jp/
FB :  https://www.facebook.com/JusticePlanning

問合せ時間 10:00~18:00
【発行者】 株式会社ジャスティス
       JusticePlanning ジャスティスプランニング

~ジャスティスプランニングは神戸、芦屋、大阪を中心に
          日本全国のサービス業専門コンサルティングを行っています~

◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇

株式会社然