怒ると叱るの違いは大丈夫? クリエイティブに導こう! 2013.08.01

指示した事ができていなかったり、ありえないミスがおこったり、
中々すべてがスムーズに進むことも難しいのが実状。

そんな時、人はどうしても感情に支配されがちです。

気をつけたいのは、「感情に支配されること」 と 「感情を伝えること」は
全く別物です。

「何やってんだ! 馬鹿野郎!! いい加減にしろ!」

と言うような「怒り」を伝えることは、感情に支配され、単に感情をぶつけているにすぎません。

 

部下がミスをした場合は、慎重に「メッセージ」を伝える必要があるのです。

「怒り」を静める方法があります。

「怒り」は、部下の成果と自分の期待との差が大きい場合に生まれます。
自分の期待値を下げれば、自然と「怒り」は鎮まるはずです。
あなたの経験値と部下の経験値は違って当たり前なのですから。

また、過去から蓄積された「怒り」が、噴出する場合もあります。
この場合は、小さなうちに対処をすることです。

このように、「怒り」の本質をつかむことができれば、次へ導くためにクリエイティブに叱りましょう。

「惜しいな」  「期待していたんだけどな」 「何でこうなったか、一緒に考えようか」

導き方としては、内容が「相手」の立場にたったものであれば、部下も受け入れられやすいはずです。

これが少しでも、「叱ってすっきりした!」とか、「立場の優位性を使った心地良さ」を感じるようであれば、それは自己のエゴにしかすぎません・・・よね。

「叱る」 !
~ちょっと一息~ がポイントです。

 

◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇
住所:兵庫県芦屋市山芦屋町10-5
Mail:mail@justice-j.ne.jp
HP:http://www.justice-j.ne.jp/
FB: https://www.facebook.com/JusticePlanning

問合せ時間 09:00~21:00
【発行者】 株式会社ジャスティス
         集客と売上サポート ジャスティスプランニング

~ジャスティスプランニングは神戸、芦屋、大阪を中心に
          日本全国のサービス業専門コンサルティングを行っています~

◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇

株式会社然