絶対に無料にはしてはいけないケース+α ~戦略が大切~ 2013.07.29

ふだんは、あまり使わない言葉「絶対」。

実際、「絶対」や「100%」というような強制力のある言葉はあまりあてに
なりません。

ですが、今回に関してはあえて「絶対」という言葉を使わせてもらいたいと
思います。
それだけ、このケースは例外なく危険な行為なのです。

読んで頂ければ、当たり前!と思って頂けるかと思います。
ただ、世の中にはこれをしてしまっているケースが結構あるのです。

『絶対に無料にはしてはいけないケース』

 扱っている商品やサービスがあきらかに高価なものである場合

  この場合、「無料」にして価値が見出されることはありません。
  むしろ、「無料」にすることで価値が傷つけられ、商品価値が
  なくなってしまいます。

  また、こういったケースの場合は「値下げ」ですら注意が必要です。
  理由は同様で、価値を損ねる可能性がとても高いからです。

  価値を守り、その消費者が望む価値を最大限に伝えることが大切です。

  ※どうしても何か手を打つ必要があるのであれば、付加価値をつけること。
    保証であったり、特典であったり、これは業種業態、商品によって
    きちんとしたマーケティングを行ったうえで実施することが不可欠です。

 

+α
  『値引き」や「無料」にする際、消費者に悟られてはいけない!』

  悟られない!

  これこそが、消費者に対して、「もっと他には!」という期待?!
     を増やさない唯一の手段です。

  周囲を見渡して下さい。
  定期的に、同じ商品を売り出したり、年中セールを行ったりしている
     お店がありませんか?
  
  消費者は、気付くのです。
  そして、消費者に無料や値下げに対する「期待」が生まれた瞬間、
  それは、不満の種を蒔くことに他ならないのです。

  こうなると、消費者は値引きが行われるまで購入しなくなります。
  夏にバーゲンすることが分かっていれば、5月や6月に同じものを
     購入しないでしょう。

  そして、これらはいつしか「値下げ」や「無料」が当たり前になって、「もっと安くならないのか」、「もっと無料の商品は増えないのか」と、理不尽な要求で事業者や企業を苦しめることになるのです。

これは、ボランティアで起こり得る問題と同じですね。

当たり前と思っていても、行ってしまうケースは沢山あります。
くれぐれも、戦略は掘り下げて、振り返って、その上でもご用心!

 

◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇
住所:兵庫県芦屋市山芦屋町10-5
Mail:mail@justice-j.ne.jp
HP :http://www.justice-j.ne.jp/
FB : https://www.facebook.com/JusticePlanning

問合せ時間 09:00~21:00
【発行者】 株式会社ジャスティス
       JusticePlanning ジャスティスプランニング

~ジャスティスプランニングは神戸、芦屋、大阪を中心に
          日本全国のサービス業専門コンサルティングを行っています~

◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇

  

株式会社然