短所も受け入れて見る ~コインの表と裏~ 2013.08.15

「叱る」と似ていますが、自分はもちろん、
同僚や部下にも長所と短所があるはずです。

長所はともかく、短所。
この短所とどう向き合うかで、コミニケーションが大きく変わってくるのです。

どんな人でも、長所と短所はあります。
まるで、コインの表と裏のようですね。

 

こう考えられないでしょうか?

「短所は長所の別の姿」

短所が長所の極端な形になったものと思えば良いかと思います。

例えば、「頑固な人」は、「自己主張がある」という長所をもっていることになりますし、
「決断力がない人」は「慎重」という長所をもっています。

このように見ると、スタッフの短所にばかり焦点をあててしまうと、
長所をも糾弾してしまうことにもなります。

大体、短所のない人間などいません。
短所をなくすことにエネルギーを費やすよりも、長所を強みとして育てるほうが
効率も良いと言えるでしょう。

そして、いわゆる短所が改善、もしくは抑えられないスタッフがいるとすれば、
多分その方は、短所のせいで本当に困った!という経験がないのでしょう。

相手の短所を指摘することは、おそらく簡単です。
子供ですら、大人の短所はすぐに見つけるのですから。

短所を指摘するばかりでは、人は育ちません。
長所と共に受け入れながら、スタッフ自身に「気付き」を与えることが大切なのです。

 

その行動は、あなた自身の判断や感情などすべてが反映され
スタッフにも気付きをあたえるきっかけとなるでしょう。

コインの表と裏のように、どんな物事でも、それはある一面でしかないのです。

まずは、受け入れて見ましょう。

◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇
住所:兵庫県芦屋市山芦屋町10-5
Mail:mail@justice-j.ne.jp
HP:http://www.justice-j.ne.jp/
FB: https://www.facebook.com/JusticePlanning

問合せ時間 09:00~21:00
【発行者】 株式会社ジャスティス
         集客と売上サポート ジャスティスプランニング

~ジャスティスプランニングは神戸、大阪を中心に
          サービス業専門コンサルティングを行っています~

◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇

株式会社然