会議は踊る ~議題の見極めが結果を導く~ 2013.09.12

仕事柄、会議に同席させて頂く事が多いのですが、
この会議の議題そのものに問題があることが多く、困ることがあります。

一般的な事例としてお話すると、

________________________________

 ◆あるお菓子のブランドが長期的に低迷していて、社内で立直しを検討

   議題候補 ① 今のブランドで続けるかどうか

          ② 新しいブランドにリニューアルするかどうか

________________________________

さて、上記の内容で何が問題なのかお分かりでしょうか?

 

問題は、議題候補そのもの。

何故なら、この場合はっきりさせなければならない事は、
この菓子ブランドの低迷原因。

市場自体が低迷しているのか、競合におされてしまっているのかなどが
分からないと、議題に上げられている内容が、適正な議題なのかどうかさえ
分かりません。

市場が低迷しているのであれば、市場自体の見直しが必要です。
これだと、議題の内容は必要なくなります。

さて困ったことに、一見正しい議題に見えても、その時点で扱う必要のないもの、
答えを出すべきでないものがあるのです。

その議題(問題点)は本当に正しいのか?

 

この視点が常に必要です。

一つの対策としては、その問題点の主語を確認することです。
どの企業や誰にとっても成立する問題は、問題自体の見極めが出来ていない
ケースが多いですね。

地動説、相対性理論、ビッグバン理論など、常識の否定から始まった仮説、
誰も考えもしなかった議題が、大きな結果をもたらしたことを
思い出して見てください。

ジャスティスプランニングは、問題の本質を検証しながら
事業に最適な議題とその解決をサポートしています。

◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇
住所:兵庫県芦屋市山芦屋町10-5
Mail:mail@justice-j.ne.jp
HP:http://www.justice-j.ne.jp/
FB: https://www.facebook.com/JusticePlanning

問合せ時間 09:00~21:00
【発行者】 株式会社ジャスティス
         集客と売上サポート ジャスティスプランニング

~ジャスティスプランニングは神戸、大阪を中心に
          サービス業専門コンサルティングを行っています~

◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇

株式会社然