Mano   ~つながる絆~ 2013.09.23

ジャスティスプランニングは、コンサルティングとして
様々なプロフェッショナルな方々とお会いしています。

 法律関係であれば、弁護士や司法書士、行政書士の方々。
 税務関係であれば、公認会計士や税理士、中小企業診断士の方々。
 美容室でカリスマ美容師と呼ばれる方々。
 歯科医院や耳鼻科、整体といった医術に携わる方々。
 フランス料理やイタリア料理、日本料理のシェフや板長。
 ホテルや旅館の女将や支配人などなど。

いわゆる、その道のプロの方々と集客や研修など様々なコンサルティングを交えてお付き合いさせて頂いています。

さて、そんな 『 プロ 』  『 職人 』と呼ばれる方々とのお付合いで
気になっていることを取り上げてみたいと思います。

~ Mano ~

これは、イタリア語で 「 手 」 を意味します。

このManoは、バリスタと呼ばれるイタリアのエスプレッソでは
少し違った意味として教えられるのです。

イタリアでも日本でも基本は同じですが、
ほとんどの学校で教えられる内容として 『 4つのM 』 というものがあります。

 
これは

Miscela (ミッシェラ)・・・・・・・豆のブレンド
Macinatua (マキナトゥーラ)・・豆の挽き方
Macchina (マッキナ)・・・・・・エスプレッソマシン
Mano (マーノ)・・・・・・・・・・バリスタの技術

これらの頭文字をとったものです。

この中のManoは、イタリア語で『手』を意味するバリスタの手業のことですが、
ココでは、もう少し一緒に掘下げて考えて頂きたいのです。

この『手』は、一人だけの手ではありません。

コーヒーを育てる生産者の手。
コーヒーの特徴を見出し、適切に仕上げる焙煎士の手。
仕上がった豆を最適な状態で、カッフェに仕上げるバリスタの手。
そして、これらを 『 手 』 にとって楽しむお客様。

どれが欠けても、このコーヒーの価値は成立しません。

 

なのに・・・

資格を取ることが目的だったのでしょうか?
価値ある商品を扱うことだけが目的ですか?
知識を増やすことだけが目的ですか?

前後につながる、人の手を見ずして、その未来はないと思うのです。。

笑顔で楽しむお客様を想像せず、自分本位の美味しさだけを見ても、
それはお客様だけでなく、生産者にも支持はされません。

患者やクライアントを見ないで、カルテや帳簿だけを見ていては、
見えるべきものも見えず、また同じく支持はされないでしょう。

 

~ Mano 

人は一人だけでは、生活も文化も文明も、ビジネスも成立しません。
皆様の事業や商品に、様々な 『 手 』 がさしのべられてこそ、それは成立するのです。

だからこそ、我々プロフェッショナルは 「手抜き」 が許されないとも思います。

皆の手で創り上げられた、価値ある事業、価値ある商品が、お客様の手に取られ、そしてお客様の笑顔に変わる瞬間を見ることができるかどうか。

それは、皆様次第です。

ジャスティスプランニングは、『 手 』 と 『 手 』 を繋げながら
あらゆる価値を最大化させて参ります。

少しづつでも一緒に手を取り合って、未来の価値を創造しましょう。

~ a mano a mano  ~

 

◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇
住所:兵庫県芦屋市山芦屋町10-5
Mail:mail@justice-j.ne.jp
HP:http://www.justice-j.ne.jp/
FB: https://www.facebook.com/JusticePlanning

問合せ時間 09:00~21:00
【発行者】 株式会社ジャスティス
         集客と売上サポート ジャスティスプランニング

~ジャスティスプランニングは神戸、大阪を中心に
          サービス業専門コンサルティングを行っています~

◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇

株式会社然