剣と楯  ~ビジネスの成立は攻守のバランス~ 2013.09.24

事業をされている方の目的は様々で、経済であったり思想であったり、また
別の想いであったりします。

コンサルティングの立場として、どのクライアントの方へ一貫しているアドバイスは、『徹底しましょう!』ということです。

どういうことかと言いますと、コンセプトワークの確立から始まる攻守の徹底。

戦略の基本は、古来、戦を基盤にした考えから始まっています。
戦の基本は、攻めと守り。
この攻守のバランスが取れていることが、勝利への近道とされています。

 
戦のツール(武器)は、剣と楯が基本。

ですが時に、この剣と楯の使い方に難があるケースを多く見ます。

勢いで事業が大きくなったものの、リーダーの発言力が強すぎ
基盤づくりができていない状態になり、
矢継ぎ早に新事業へ手をつけてしまったり・・・・

こういったケースは、砂上の楼閣になりかねません。
経営の自転車操業になってしまう恐れがあるのです。

■よくあるケース

 ●勢いだけで売上げが上がり、事業を拡大したが
  内部構築が出来ておらず、企画を連発するも成立せず

   ⇒ 当初の勢いで事業を進めるも、過去の成功から抜け出せず、
     現状把握ができないまま、権限譲渡ができない

 ●個人事業として運営している際は問題が目立たなかったが、
  従業員を雇用すると、売上げが上がっても組織が機能せず利益が出ない

   ⇒ 個人から組織への切替が出来てなく、情報とツールの確立と共有が
     できていない

 ●ブランド店での修行や海外の商品発掘など、組織に属した頃は
  有能だったのが、独立するとうまく行かないケース

   ⇒ 組織と個人の認識ができず、個人事業レベルや小さな組織の
      事業運営へ、意識改革ができていない

 

以前、ゆるぎないコンセプトワークの必要性についてお話しましたが、
この「ゆるぎないコンセプトワーク」の成立には、適正な攻守のバランスが不可欠です。

剣と楯を効率よく用い、時には攻め、必要に応じて守る。
ビジネスは、厳しく楽しくが基本です。

企画や新事業も大いに結構ですが、既存の経営を見直すことが
何より大切です。

徹底して取組まれているかどうか。

ビジネスの成立は、剣と楯の使い方次第です。

◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇
住所:兵庫県芦屋市山芦屋町10-5
Mail:mail@justice-j.ne.jp
HP:http://www.justice-j.ne.jp/
FB: https://www.facebook.com/JusticePlanning

問合せ時間 09:00~21:00
【発行者】 株式会社ジャスティス
         集客と売上サポート ジャスティスプランニング

~ジャスティスプランニングは神戸、大阪を中心に
          サービス業専門コンサルティングを行っています~

◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇

 

株式会社然