付加価値を高める=生産性を高める 2013.10.08

同じ業種、同じ業態で
同じヒト・モノ・カネ・時間を使っても
業績に差が出る理由・・・

それは生産性です。
言わば、経営力の差とも言えるでしょう。

 

この生産性を高める要素には、
前述した「人的資源」 「物的資源」 「資金」 「時間」がありますが、
それぞれ要素の生産性を向上させることで、経営力は増していくのです。

この中の要素から、一つ例を挙げてみましょう。

製造関係の方は、生産性向上=コスト削減 と考えられる方も多いのですが
生産性の向上とは、投入量と産出量の差を大きくすることです。
つまり、生産性向上=コスト率の低下になります。

違いに気が付かれましたか?

コスト額とコスト率は、似て非なるものです。

コスト額を下げるには、投入量を減らすしかありませんが、
コスト率を下げるには、投入量を減らす以外に、投資によってコストを削減
したり、投資以上に生産性を増やしたりする方法もあるのです。

 

つまり、この生産性に影響を与える要因として

 「使用するノウハウ」
 「商品構成」
 「製造プロセス」
 「組織構造」
 
といった要因があるのです。

この考え方は、小売業でも飲食業でも他のサービス業でも同じです。

あらゆる価値を最大限に引き出す!
これが、ジャスティスプランニングの役割です。

◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇
住所:兵庫県芦屋市山芦屋町10-5
Mail:mail@justice-j.ne.jp
HP:http://www.justice-j.ne.jp/
FB: https://www.facebook.com/JusticePlanning

問合せ時間 09:00~21:00
【発行者】 株式会社ジャスティス
         集客と売上サポート ジャスティスプランニング

~ジャスティスプランニングは神戸、大阪を中心に
          サービス業専門コンサルティングを行っています~

◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇

株式会社然