常識は経営を左右する? 2013.11.22

ある銀行の融資担当者と話をした時の事です。

その方は40代後半の方だったのですが、
興味深い話をしてくれました。

「ついさっき、ある会社の社長が融資依頼に来たのだけれど、
 シャツの裾を出したままでジーンズという格好。
 30歳を過ぎているんですよ?!
 格好が良いと思っているんだろうけれど、20代前半の若者じゃまだしも・・・ね。
 どこに来てると思っているんだろう・・・」

具体的な社名や名前は、もちろん出してはいませんが
この話から、一般常識にまで広がり2時間くらい話が続きました。

 

さて、ここでビジネスにとっての大きな問題。

「人は外見で判断をする」 ということです。

人を外見で判断するな!と言う言葉もありますが、
例外にならず確実に認められるには、ふさわしい外見であったほうが良いと言う事です。

世の中には、Tシャツにジーンズ、裸足に革靴など、様々なスタイルがあります。
好き嫌いは別にして、どんな格好をしようが、どんなデザインを用いようが、
それは人の自由です。

ですがコンサルティングの立場として、一つ質問です。

「自分自身の好きな事を貫きたいのか、企業として成功したいのか、どちらですか?」

これは、冒頭の銀行員の言葉を考えて頂ければ良いかと思います。

弊社の場合、スタッフは原則スーツです。
場合によっては、ジャケットにパンツ、またはカジュアルなスタイルにすることもあります。
ただ、どれはクライアントの事業性や伺う内容によって変化させます。

銀行など金融関係と折衝する場合は、絶対にスーツです。

ジーンズで対応しようが、スーツで対応しようが、
話す内容や価値には関係ありません。

ですが、相手は確実に対応を変えます。

 

個人にもビジネスにもイメージがあり、個人もビジネスもそのイメージを元に人から判断されがちです。

そして、その判断のほとんどは、実際の能力や専門知識、
あるいは商品やサービス内容を、消費者が公平に判断される前に下されてしまうのです。

こういったことは、結果として企業のコンセプトワークにも大きく影響するのです。
知らなかった・・・では済まなくなってしまいます。

マナー、常識、良識。
すべてに理由があることを、知っていたほうが便利です。

 

◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇
住所:兵庫県芦屋市山芦屋町10-5
Mail:mail@justice-j.ne.jp
HP:http://www.justice-j.ne.jp/
FB: https://www.facebook.com/JusticePlanning

問合せ時間 09:00~21:00
【発行者】 株式会社ジャスティス
         集客と売上サポート ジャスティスプランニング

~ジャスティスプランニングは神戸、大阪を中心に
          サービス業専門コンサルティングを行っています~

◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇

株式会社然