原点に帰る ~指導で迷った時~ 2013.11.27

起業して部下が増え始めた時や、管理職になって部下とのコミニケーションを続けていくと、結構行き詰ることが起こります。

組織構築やマネージメント研修を行っているとベテランの管理職でさえ
悩んでいる事が多く、「どう進めていったら良いのだろう?」と迷ったり、
方向を見失ったりしているケースがあります。

IP02_M13

こんな時、実際のコミニケーションの場面で
『今、どんな対応をしたら良いのだろう・・・』
と対応や質問に意識が行ってしまうと上手く行かない事が多いようです。

コーチングの手法でよく用いられるのですが、
こんな時は『相手は既に答えを持っている』という
コミニケーションの原点に帰って欲しいのです。

指示や指導をスムーズに進めるために、
リーダーは『二つの方向性』を見失わないようにする必要があります。

一つは、

『部下が何に向かっているか』という最終目標です。

リーダーと部下に、『ここに到達すること』というコンセンサスがあれば
リーダーは『目標』に向かうための質問や対応ができます。

これが不明確だと、その場その場のリーダーの意見や対応に部下は振り回されてしまい、自分でも目標にブレが生じてしまうのです。

IP02_M12

2つ目は、

「現在行っていることで、何を明確にしたいか(目標達成の為に)』
という現時点での『目的』です。

最終目標に到達する過程で、様々な過程をクリアすることが必要な場合、
その過程をクリアする為に「いかに時間を捻出するか」 「専門知識を高めたい」などと細かな内容を明確化する必要が出てきます。

一番多いケースが、リーダーが経過時点での「目的」を明確にできていない場合、迷路に迷い込むことが多いようです。

いわゆる指針を見失っているケースです。

大きな目標の合意と、「現時点ではこれをクリアしよう」という
小さな目的の合意は、最短で「最終目標」に向かうための大切なポイントなのです。

迷った時は、原点に帰る! です。

IP02_M32

◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇
住所:兵庫県芦屋市船戸町3-24

HP:http://www.justice-j.ne.jp/

問合せ時間 09:00~18:00
【発行者】 ジャスティスプランニング

~ジャスティスプランニングは食事業を中心に        
       あらゆる価値を最大化させるコンサルティングを行っています~

◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇

 

株式会社然