一円単位で考えていますか? 2013.12.18

一円。

たった一円と考えるか、大切な一円として考えるか。
この思考は事業を運営する上で、大きな差を生むことになります。

HH171_72A

ケチくさいぁと思われる方もいるかと思いますが、コピーを思い浮かべて欲しいのです。
裏紙を使いましょう!など、会社によって工夫をしている所もありますが、
この内訳を数値として認識している人は、実際に少ない。

コストは現場によって異なるでしょうが、モノクロコピーは3円/枚、
カラーコピーは30円/枚といったコストがかかっているかと思います。

この差、27円。
機械によっては、カラー設定にしたままモノクロの物を印刷すると
カラー印刷と同様のコストがかかります。

また印刷には、インクジェット、カラーコピー、レーザープリントなど
色々な種類と機種があり、これによって仕上がりは勿論、コストも大きく変わります。

さて、こういった事が積み重なれば如何でしょうか?

銀行は、一円でも収支が合わなければその日の仕事は終わりません。

HH111_72A

また、軽自動車の雄、スズキの鈴木修氏は、
著書『俺は、中小企業のおやじ』で次のように書かれています。

「製造業は一円のコストダウンが生死を分ける」

仮にスズキの売上げが5兆円、利益1兆円とします。
この売上げを構築するのに、500万台の車を販売しているとしましょう。

そして、1台あたりの売上げは100万円で利益が5万円と仮定します。
さらに、1台の車は2万点の部品から構成されているとします。

すると1部品の利益は、わずか2円50銭です。
1部品のコストが1円高くなるとどうでしょう?

利益の60%が吹っ飛んでしまうことになるのです。
逆に1部品で1円コストダウンすることができれば、利益は60%増えることになります。

こういった事で、株式会社スズキでは「1部品につき、1円コストダウン」を
取組みとして行っているそうです。

製造業に限らず、コピーのようにコストが低くて目立ちはしないものの、
中小企業や個人事業においては、結果無駄を生じているものが結構あるのdす。

1円単位で考えられるか、考えることができないか。
実は、大きな成功要因になっていることが多いのです。

HH005_72A

◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇
住所:兵庫県芦屋市船戸町3-24

HP:http://www.justice-j.ne.jp/

問合せ時間 09:00~18:00
【発行者】 ジャスティスプランニング

~ジャスティスプランニングは食事業を中心に        
       あらゆる価値を最大化させるコンサルティングを行っています~

◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇

株式会社然