黄金比は人が望む普遍的な美しさ 2014.01.13

古代ギリシャ・ローマ時代の建築物をご存知でしょうか。

好き嫌いは別として、多くの人々からその美しさと荘厳さを
支持されています。
この根底にあるものは、黄金比、黄金分割と呼ばれています。

EF056

建築や絵画、彫刻においては、最も安定していて
美しい比率とされ、現代においても意図的に利用されています。

身近なものでは、名刺でしょうか。
名刺の縦と横の比率は、1 : 1.618

これは代表的な黄金比の一つです。

数学ではギリシャ文字のφ(ファイ)を使われ、有名なフィナボッチ数列(1,1,2,3,5,8,13,・・・・)も黄金比の代表。
※最初の二項は0,1と定義され、以後どの項もその前の2つの項の和となります。

他にも、植物の葉の並び方や貝の紋様にも黄金比が見られます。

さてビジネスにおいて、この黄金比は力強い味方です。

これは不特定多数の人々に好意を持たれやすいということなのです。
もっとも、すべての要素が1:1.618でなくてはならないと言う訳ではありません。

わざと異なる比率にしたほうが大きなインパクトを与えることもあります。

FD127

ただテレビのCMやウェブサイトのアプローチにおいて
人の視覚がその魅力を判断するのは、わずか0.05秒だと言われています。

この瞬時の判断を、世界共通ともいえる普遍的な美的感覚をどう用いるかで
結果を大きく左右することができるのです。

黄金比! 意識していますか?

 

◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇
住所:兵庫県芦屋市山芦屋町10-5
Mail:mail@justice-j.ne.jp
HP:http://www.justice-j.ne.jp/
FB: https://www.facebook.com/JusticePlanning

問合せ時間 09:00~21:00
【発行者】 株式会社ジャスティス
集客と売上げ改善 ジャスティスプランニング

~ジャスティスはコンサルティング事業を中心に
あらゆる価値を最大化させるサポートを行っています~

◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇

 

 

株式会社然