笑顔がもたらす経済効果 2014.04.07

スマイル ゼロ円!

皆さんお馴染みの大手飲食企業の販促です。

このスマイル=笑顔は確かに商品ではなく、
価格がついているわけではありません。

でも、この笑顔の経済効果は計り知れないものがあります。
実際、テレビのCMや広告に赤ちゃんの笑顔を用いているケースは
多々ありますが、『共感を得る』と言う点で抜群の効果を発揮しています。

FD005

社会生活の中でも、店舗を利用する消費行動の他に
仕事においては営業など「人」と接する機会は山のようにあります。

こういった「人」と接する中で
仏性面で接客されるのと、はち切れんばかりの笑顔で接客されるのでは
相手の印象は大きくかわることでしょう。

こんな面白い事例があります。
カジノビジネスは、日本国内でも大きな経済視点で論議されていますが、
カジノビジネスの本場アメリカで、運営上厳しく管理されているものとして
監視カメラがあります。

もともと不正を防止するために沢山の監視カメラが設置されているのですが、
ハラーズという会社では、この監視カメラの画像データーを測定し、
顧客満足度アップにつなげているのです。

FD123

この画像データーこそが、従業員スタッフの笑顔。
ハラーズで顧客満足度を調べた結果、「賭け事に勝つ」ことよりも
「従業員スタッフの笑顔」の方が重要だとわかったそうです。

それ以来、この会社では就業環境を改善し接客レベルを向上化すると共に
監視カメラの映像から従業員の笑顔数を数えるようになりました。
舞台裏の話ですが、このハラーズにおいて訪れる顧客は10分に一度は
従業員からにっこりと微笑まれるようになっていて、顧客満足度も全米トップクラスになっています。

余談ですが、こういった莫大な画像データーを経営戦略に利用することは
『ビッグデーター』といって、マーケティング戦略の一つとして活用されていますね。

さて、前述したように『笑顔』は大きな経済効果をもたらします。
ただし、飲食店の接客でよく見受けられることですが
『笑顔』は強要されて出来るものでもありません。

もちろん接客マナーとして教えることはありますが、
企業や組織として考えるべきは、「どうすれば、スタッフが笑顔で就業できるか」ということです。

スタッフが経営方針やリーダーに共鳴・共感し、モチベーションが高れば
笑顔は自然と出てくるものです。

働く人達の意識や心が変われば、必ず業績は変わります。

その原動力は『笑顔』。

皆様の会社や組織は、スタッフが笑顔で働けていますか?

FD138

◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇
住所:兵庫県芦屋市船戸町3-24-206

HP:http://www.justice-j.ne.jp/

問合せ時間 09:00~18:00
【発行者】 ジャスティスプランニング

~ジャスティスプランニングは食事業を中心に        
       あらゆる価値を最大化させるサポートを行っています~

◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇

 

株式会社然