サラリーマン的思考は通用しない、か ?! 2014.04.21

表題を見て『?』と思った方もいらっしゃるでしょう。
誤解無きように申し上げますが、決してサラリーマンを否定するものではありません。

ただリストラを始め、終身雇用制度自体が崩れた日本において
経営的思考を持たなければ、いつサラリーマン生活が瓦解してもおかしくないということを理解して頂きたいのです。

IP02_C25

仕事に取組む姿勢として、良い例があります。
単体としては、世界最大の広告会社 電通。
この電通 4代目社長 吉田秀雄氏によって1951年に作成された
『鬼十則』というものがあります。

1.仕事は自ら創るべきで与えられるべきではない。
2.仕事とは先手先手と働きかけていくことで 受身でやるものではない
3.大きな仕事と取り組め、小さな仕事は己を小さくする。
4.難しい仕事を狙え、そしてこれを成し遂げるところに進歩がある。
5.取組んだら放すな、殺されても放すな、目的完遂までは!
6.周囲を引きずり回せ、引きずるのと引きずられるのとでは
永い間に天地のひらきができる。
7.計画を持て、長期の計画を持っていれば、忍耐と工夫と、
そして正しい努力と希望が生まれる。
8.自信を持て、自信がないから君の仕事には、迫力も粘りも
そして厚みすらがない。
9.頭は常に全回転、八方に気を配って、一分の隙もあってはならぬ、
サービスとはそのようなものだ。
10.摩擦を怖れるな、摩擦は進歩の母、積極の肥料だ、
でないと君は卑屈未練になる。

IP02_D04

現代の就業状況に照らし合わせた場合、
違和感を感じる方もいらっしゃるかも知れません。

ですが、経営者または経営に準じる立場にいらっしゃる方にとっては
当たり前の事だと思います。

事業を行う場合、少なからず複数の人が集まるでしょう。
そういった場合、自らの役割を全うしない、又周囲を伺う姿勢は
邪魔以外の何物でもありません。

「他人に言われて動くのは給料もらうだけのサラリーマン~」という
フレーズがありましたが、経営に携わる立場において、こういった姿勢は
通常ありえないのですが、コンサルティングという仕事柄、様々な企業をお伺いすると、意外に遭遇します・・・。

IP02_A39

『鬼十則』は有名ですが、巷には『裏十則』というものもあるようです。

1.  仕事は自ら創るな。みんなでつぶされる。
2.  仕事は先手先手と働きかけていくな。疲れるだけだ。
3.  大きな仕事と取り組むな。大きな仕事は己に責任ばかりふりかかる。
4.  難しい仕事を狙うな。これを成し遂げようとしても誰も助けてくれない。
5.  取り組んだらすぐ放せ。馬鹿にされても放せ、火傷をする前に。
6.  周囲を引きずり回すな。
引きずっている間に、いつの間にか皆の鼻つまみ者になる。
7.  計画を持つな。
長期の計画を持つと、怒りと苛立ちと、そして空しい失望と倦怠が生まれる。
8.  自信を持つな。自信を持つから君の仕事は煙たがられ嫌がられ、
そしてついには誰からも相手にされなくなる。
9.  頭は常に全回転。八方に気を配って、一分の真実も語ってはならぬ。
ゴマスリとはそのようなものだ。
10.摩擦を恐れよ。摩擦はトラブルの母、減点の肥料だ。
でないと君は築地のドンキホーテになる。

さて、あなたは今、『鬼十則』でしょうか?
それとも『裏十則』でしょうか。

IP02_D02

◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇
住所:兵庫県芦屋市船戸町3-24-206

HP:http://www.justice-j.ne.jp/

問合せ時間 09:00~18:00
【発行者】 ジャスティスプランニング

~ジャスティスプランニングは食事業を中心に        
       あらゆる価値を最大化させるサポートを行っています~

◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇

 

 

 

株式会社然