適切に問題を明確化できていますか? 2014.06.09

企業や組織のミーティングに参加する機会や
意見を求められる機会が多いのですが、よく『 ? 』となる場面に遭遇します。

特に、問題提起や論点がズレてしまっているケース。
大前提ですが、事象や観察された事実と論点を混同しないことが大切です。

HA016_72A

一般に問題点と呼ばれるものの多くは、事象や観察された事実であって
論点と異なることが多いのです。
結果、事象を論点ととらえて問題解決しようとしても、多くの場合
成果はあがりません。

論点は、本来解決すべき問題の事。
例えば、新商品の販売開始したものの、予算に全く届かなかったケースを
考えてみましょう。

この場合「予算に届かなかった」こと自体は現象です。
論点、つまり解決すべき問題ではないのです。

では、論点は?

1.販売状況報告に不備があり、内容が共有されておらず対策が遅れた。

⇒ 報告体制改善策定
 2.同様の商品が、真似をされて大規模な価格ダウンで販売されている。

⇒ 影響の把握、対応策必要性検討

3.販促方法が限定されすぎており、認知度が低い

⇒ 販促方法の見直し、拡大

上記は、問題提起や論点が絞りきれていない、
いわゆる『ボケてしまった状態』を見直したものです。

HA035_72A

戦略策定における問題提起も論点も、明確にされなければ
ズレをおこしたりぼやけてしまい、膨大な時間と手間を使っても、
成果があがりにくいのです。

古典に、『戦略とは捨てること也』という言葉がありますが、
ビジネスにとって大切な事は、限りないように見える問題点の中から
やらないことを決めることです。

医療の世界では、治療の優先順位を決めることを
「Triage トリアージ」と言います。

緊急処置で救命の可能性がある人には「赤タッグ」
早期に処置が必要だが緊急性のない人には「黄タッグ」
救命不可能な人には「黒タッグ」

治療の現場においては、30秒足らずでの判断が求められるそうです。
10秒が結果を左右するとも言われています。

医療の現場と経営を一様に語ることは難しい。
ですが、限られた現場ということでは同じです。

私達は往々にして、問題を捨てることが出来ず
すべての問題に対して対策を立てて対応しようとします。

しかし、その結果対策の焦点がボケてしまい、何も出来ないという事が
起こりがちです。
トリアージ、つまり適切な判断ができず問題解決できない場合、
利益創出という企業生命が刻一刻と失われてしまうのです。

HA108_72A

◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇
住所:兵庫県芦屋市船戸町3-24-206

HP:http://www.justice-j.ne.jp/

問合せ時間 09:00~18:00
【発行者】 ジャスティスプランニング

~ジャスティスプランニングは食事業を中心に        
       あらゆる価値を最大化させるサポートを行っています~

◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇

 

 

株式会社然