仮説は時代にぶつけるもの 2014.07.14

ストアコンパリゾンと呼ばれる
同業種店舗して、
参考比較する手法があります。

これはこれで、それなりに参考になりますが、
どうも、こういった事に流れされやすい傾向が目に付きます。

IP02_C39

コンサルティング業においては、市場の動向を把握するために
参考程度にマーケティングは定期、定時的に行ないます。

ですが、いざコンサルティングを受ける際には
あまり他の店舗を参考比較することはありません。

立地条件などは把握しますが
それより大切なことは世の中の変化を見続け
変化への対応を常に考え続けること。

商品や情報があふれかえる現代、
人気商品と言われるものも、あっと言う間に消えてしまいます。

変化への対応を常に考えるということは
現状の売行きや結果を調べ、仮説を立て思考錯誤を繰り返すと
いうことです。

IP02_B21

ビッグデーターがもてはやされていますが
これは結果に過ぎません。
つまり、仮説を検証するための道具に過ぎないのです。

・この商品は去年良く売れていた~
・この味は人気があった~

去年と今年は違います。
今年はエルニーニョの影響が各業界でささやかれていますが
本来は冷夏になっても猛暑になっても売上げを伸ばす仕組みを考える事が
大事です。

新しい事を始める時に、経験者などいません。
変化を見据えながら、仮説を時代にぶつけ続けることが
革新につながるのです。

IP02_D02

◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇
住所:兵庫県芦屋市船戸町3-24

HP:http://www.justice-j.ne.jp/

問合せ時間 09:00~18:00
【発行者】 ジャスティスプランニング

~ジャスティスプランニングは食事業を中心に        
       あらゆる価値を最大化させるサポートを行っています~

◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇

 

株式会社然