言葉の揺らぎ 2016.04.13

『伝える』

『伝わる』

似ているようで、全く意味が違います。
広告や宣伝、業務連絡など多くの企業や人が伝えようとしていますが、実は伝わっていないことが多い。

bi0191h

何故でしょうか?

サービスの世界では、これを「お客様の立場に立っていないから」などとも言いますが
実はこれだけではありません。

先日、デザインの事について
少しお話しをしましたが、ポイントは思考と言葉の関係です。

『思考は言葉によって表現できる』ということです。
そして、『感情も言葉で表現できる』ということでもあるのです。

何かを考え、なにかしらのイメージを思い浮かべている・・・・

誰でも、起きている間は、ご飯を食べながら、歩きながら、音楽を聴きながら、
いつでも何かを感じているでしょう?

ただ、それはすぐに消えてしまうものがほとんどです。

そして実際、これらを言葉にしようとすると
意外にスムーズな表現は難しいものです。

bi0289h

何となく・・・といった事が多く、
自由に適確にイメージや感覚を言葉にすることは
人それぞれの幅があり、言葉の意味に揺らぎがあるのです。

そう、これが伝わらない事の原因の一つ。

言葉には、それぞれ地域や時代、コミニティなどにおいて
中心的な意味を持ちます。

例えば、『朝』といえば、ほとんどの人が正午より前を指し、
さほどぶれはないはず。

一方、『全力で仕事に取り組みます!』と言った言葉や
『責任感』などは人によって、かなり異なってきます。

朝9時~18時までが、全力で取り組む対象なのか、
朝早くから終電ギリギリまで頑張ることが対象なのか。

言われた事を、「しないといけないから、何とかできる範囲でやろう」という責任感もあれば、
「自分の名誉にかけて絶対にしてみせる」といった責任感もあります。

言葉には、こうした揺らぎの部分があるので
言葉への鋭い感覚を持ち、その場にあった的確な言葉使いをすると
多くの人が意味を共有しやすくなりブレは少なくなります。

bi0326k

私達の仕事の一つである、『食材の官能検査』も同じです。
『美味しい』は主観でしかないので、いかに客観性を持たせた味わいの判断を示すことが
求められるのです。

同じほうれん草でも、
Aさんのほうれん草は動物性の有機肥料を主体にしているので、
旨みが強く炒めると美味しさが際立ち、
Mさんのほうれん草は、植物性の有機肥料を主体にしているので
生で食べるとミネラルの輪郭がはっきり味わえる美味しさ。

という風に、『美味しさ』の内容を明確にしめすのです。

これは、こういった官能検査だけでなく、
あらゆる仕事に求められるものです。

営業会議で、売上推移の発表において、
「昨年実績より大幅に上がりました」という報告と、
「前年対比で132%増の○○万円で、利益率も○%改善できました」
という報告。

さて、どちらが評価できるでしょうか。

思考やアイデアを、いかに共有共感できる言葉に置き換え、
言葉を自由に扱えることが大切なのです。

◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇
住所:兵庫県芦屋市船戸町3-24

HP:http://www.justice-j.ne.jp/

問合せ時間 09:00~18:00
【発行者】 ジャスティスプランニング

~ジャスティスプランニングは食事業を中心に        
       あらゆる価値を最大化させるコンサルティングを行っています~

◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇

株式会社然