商品戦略<エリア戦略 ~小さなナンバーワン戦略 その弐~ 2017.03.20

前回のブログでは、
「商品」を「明確に意識して決定する」ことが大切!ということを書きました。

少し矛盾するかもしれませんが、ビジネスの世界では
『商品3分に売り7分』と言う言葉があります。

商品が大事ではない、という訳ではないのですが、
どこで、誰に、どのようにして販売していくか!というエリア戦略と客層、営業、顧客対策の方が一層大切なのです。

商品を販売する場合、マーケットが多いほうが良い、
関東ならやっぱり東京、関西なら大阪、いや全国対象・・・と結構皆さんが思いがちです。

ちなみに弊社の周りにも、様々なビジネスを学んでいる経営者は多いのですが、
その経営学やマーケティングのほとんどがアメリカからのものです。

ただエリア戦略は事情が異なります。
国土は25倍以上違い、移民などの国民の多様性に加え、日本独特の地域性もあり、
緻密に対応しないと上手くいきにくいのです。 
実際、アメリカの経営学やマーケティングの中には細かいエリア戦略がほとんど見当たりません。

それ以外に、シンプルに考えると、
お客様が多い地域というのは、逆の視点から見ると競争相手も多いということです。

規模の小さい、社員が10人以下程度の会社では、
大きな市場では不利になりがちです。

ある意味、小さな都市(エリア)でシェアNO.1を目指すことが
生き残る手段の一つともいえるでしょう。

こういった視点でエリア戦略を考えると、こんな事が考えられます。

 ・都会の3番手より田舎でトップを目指す
 ・営業エリアは狭くする
 ・競争相手のいないところを探す

柔よく剛を制す、小が大に勝つ、など聞こえは良いですが、
実際のところ、誰もができる事ではありません。

競争条件が不利ならば、不利でも勝てるところを探すのです。
不利な条件でいかに勝つことができるか、これが生き残ることのできるコツ!

◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇


住所:兵庫県芦屋市大原町9-1-806

HP:http://www.justice-j.ne.jp/

問合せ時間 08:30~17:30


【発行者】 ジャスティスプランニング

~ジャスティスプランニングは食事業を中心に        

   あらゆる価値を最大化させるコンサルティングを行っています~

株式会社 然
 コンサルティング事業部 ジャスティスプランニング

◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇

株式会社然