ひどい真実 2012.05.09

世の中には、地域や一部のファンに支えられている
小さなホテルや飲食店などが沢山あります。

小さなホテルや飲食店が置かれている状況として、そのサービススタイルは普遍的な内容に加え、
お客様の好みに徹底的にこたえる、お客様に寄り添った戦略が必要になります。

ここまでは、結構理解していらっしゃる方が多いと思います。

私たちはお客様の求められることは何でもします・・

私たちは常にお客様の事を考えています・・

お客様にご満足頂けることが最高の喜びです・・

しかし

そんな素敵な想いや姿勢も、具現化されなければ何の意味もありません。

いわゆる 「張り子」 です。

現在のように、あらゆる分野で成熟した社会では、お客様の好みが多様化しています。
多様化しているだけに、自分たちの特色をとことん磨き上げることで、勝ち残るチャンスも多くなります。

一方、ここには大きな落とし穴があります。

それは・・・想いのバラツキです。

仕組みや組織作りができていないと、個人の想いや考えに依存してしまい、
様々なところでほころびが生じるのです。

それは、たかがと思われるかも知れませんが、
電話の応対や、諸事案内方法、またDMハガキ1枚でも、消費者は気づき、感じてしまうのです。

「何だ、調子の良いことを言っているけど、本当はこうなのか・・・・」

それは、怒りであったり、信頼を裏切られた悲しさであったり、いずれにせよ
顧客は離れていきます。

多様化しているだけに、代わりはいくらでもあるのですから。

問題は、ゴールを作らず、常に試行錯誤しながら、細部にわたるまで戦略に一貫性を持たせることです。
そして、その延長線上で様々な内容が具現化されているかどうかなのです。

意識して客観性をもつことは、結構大変で難しいものです。
そして、本当の事を言ってくれる人も少ないものです。

さて、あなたの組織には、真実を、大切な「ひどい真実」を告げてくれる人はいますか?

◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇
住所:兵庫県芦屋市公光町4-20-303

HP:http://www.justice-j.ne.jp/

問合せ時間 08:30~17:30
【発行者】 ジャスティスプランニング

~ジャスティスプランニングは食事業を中心に        
    あらゆる価値を最大化させるコンサルティングを行っています~

株式会社 然
コンサルティング事業部 ジャスティスプランニング

◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇

株式会社然