花薫る季節 ~バラの魅力&お知らせ 2012.05.26

薔薇
バラほど人を魅了する花はない、と思うのです。

バラが登場するのは、ワインでも有名になりましたがバビロニアのギルガメッシュ叙事詩です。
古代ギリシャ・ローマの時代から、バラは愛の女神アフロディーテの花とされていました。

花を愛でるだけでなく、その魅力的な香りは香油としても珍重されました。
女王クレオパトラが、シーザーを歓待した際にもバラの花やバラの香油がふんだんに使われたそうです。

暴君で知られる、5代ローマ皇帝ネロもバラを愛した一人です。
連日、お気に入りの貴族を招いた宴会では、庭園の池にバラが一面に浮かび、バラ水が噴き出す噴水、部屋はバラで飾られ、料理にもバラの花が使われていたと伝えられています。

あまりにも魅力的な花であったバラは、中世ヨーロッパでは
「人を惑わすもの」として、教会によってタブーとされていたほどです。

バラの魅力は、イスラムの世界でも同じであったようです。
4行詩で有名な「ルバイヤート」や「千夜一夜物語」においてもバラの記述が
あらゆるところにあり、白薔薇はムハマンドを、赤薔薇は唯一神アッラーを表すとされていました。

さて、花の女王と言われるバラ。
バラの季節は春と秋に2回あり、今がちょうど見ごろの季節です。

特に春のバラは香りも高く優雅でとても見応えがあります。
関西ですと、中ノ島公園やウツボ公園、須磨離宮公園の「王侯貴族のバラ園」が有名です。

栽培では、静岡の清水が日本一ですね。

ジャスティスプランニングがアレンジメントやブーケ、ウェディングの装飾をする場合にも
バラは欠かせない素敵なアイテムです。

さて、ジャスティスプランニングのブログをご覧頂いている皆様にお知らせです。

連日、コンサルティングのお問合わせを頂き、嬉しい悲鳴をあげています。
この為、お問合わせ頂きました皆様のコンサルティングに全力で取り組みたく、
このブログの更新をしばらく不定期とさせて頂きます。
毎日ご訪問して頂いていた皆様、申し訳ありません。

かわり、といっては何ですが、
別途、コーチングブログとしてブログを開設致しました。

http://ameblo.jp/justiceplanning/

こちらも合わせてご覧いただければ何よりです。

お手伝いさせて頂きたい事は沢山あるのですが、どうしてもサポートさせて頂くのに限りがございます。
ほんの一部ではありますが、ジャスティスプランニングのブログが皆様のお役に立つことができれば!と思っております。

今後とも、ジャスティスプランニングをよろしくお願い致します。

◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇
住所:兵庫県芦屋市大原町9-1-806

HP:http://www.justice-j.ne.jp/

問合せ時間 08:30~17:30
【発行者】 ジャスティスプランニング

~ジャスティスプランニングは食事業を中心に        
       あらゆる価値を最大化させるコンサルティングを行っています~

◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇

 

 


株式会社然