日本の伝統食 ~酒粕~ 2013.01.15

寒い日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか。
関西でもかなりの冷え込みで六甲山脈も雪化粧が見られます。

この季節は、各地の酒蔵で酒造りの総仕上げが行われます。
荒走りなどお酒を楽しむにはぴったりの季節ですが、お酒を飲めない方でも
楽しむことができるのが、「粕汁」
名前の通り、日本酒から生まれる「酒粕」を使った料理です。

こちらは、静岡県 杉錦の酒粕。
静岡は吟醸王国と呼ばれる、吟醸酒の名産地ですが
酒粕はあまり使われることがないようですが、お酒のレベルが高いので
粕の味も美味!

関西では、酒の神様を祭っている京都や奈良を中心に
「ぶり」を使った粕汁が一般的です。


この「酒粕」は、とても栄養価が高く、ビタミン類やアミノ酸が豊富で
最近では、美容にも良いとの事で利用価値がとても高くなってきました。

さて、この酒粕。
和食に限らず利用価値が高く、フランス料理などでも活躍しています。

先日、あるホテルでご提案した内容の中でとても好評だったのが
クリームソースに酒粕をアレンジしたもの。
味に奥行きが出て、サーモンを使った料理にはピッタリでした。

ブライダルなどお祝いの席で、お酒は欠かせないものですが
お祝いのお酒に合わせて粕を使ったお料理なども素敵ですね。

◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇
住所:兵庫県芦屋市山芦屋町10-5
Mail:mail@justice-j.ne.jp
H P:http://www.justice-j.ne.jp/

問合せ時間 10:00~18:00
【発行者】 株式会社ジャスティス
       JusticePlanning ジャスティスプランニング

~ジャスティスプランニングは神戸、芦屋、大阪を中心に
             サービス業のコンサルティングを行っています~

◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇

株式会社然