価値の提供は大丈夫? 2013.04.11

最近見付けたのですが、車で10分位のところにスーパーがあります。
ここは、とても品揃えが良く、いわゆる安くて良い物!が豊富。
特に魚がビックリする位種類が豊富で、価格も庶民的!

 店員の方も気さくで親切なので、お店に行くとついつい馴染みの顔を探したりもします。
たまに、「もうその位にしておいたら・・・」などとアドバイスをもらったり・・・その位魅力的ナノデス。
 
一方、歩いて5分、そして歩いて15分のところにもスーパーがあります。
しかし、こちらは上記のスーパーを見つけてから全く利用しなくなりました。
 『近くて便利』という利便性のみで以前は利用していましたが、上記のスーパーとは雲泥の差です。 価格ほどほどで、内容は?と 価格高くて内容は一般的にはGoodなお店。

 これ、「利便性」のみの動機で利用されている店は、同じような店ができると消費者はすぐにお店を「スイッチする」という典型的なパターンです。

 

ところで、あなたの会社やお店は、お客様に「何を提供しています」と言えますか?
  
この答えとして、商品と価格、そして、利便性といった答えしか出ないお店は、同じような競合が出現すると、すぐにお客様を奪われてしまうかもしれません。
  
「お客様に何を提供しているのか」、つまり、お客様に「どんな価値を提供しているのか」ということを今一度考えてみてはどうでしょうか?

付加価値こそ、差別化できる最も分かりやすい価値かもしれません。

◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇
住所:兵庫県芦屋市山芦屋町10-5
Mail:mail@justice-j.ne.jp
H P:http://www.justice-j.ne.jp/

問合せ時間 10:00~18:00
【発行者】 株式会社ジャスティス
       JusticePlanning ジャスティスプランニング

~ジャスティスプランニングは神戸、芦屋、大阪を中心に
             サービス業のコンサルティングを行っています~

◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇

株式会社然