聴く力 ~コミニケーション 2013.05.05

初めて管理職や店長、経営者になった人からの相談で、
『部下(アルバイト)を意思疎通がはかれない・・・』といった事が結構あります。

内容や状況を伺って、様々なお話をするのですが、
『コミニケーションをもっと取りましょう』というと、ほとんどの方が
「こんな話をしたんだけど・・・」といったアウトプット(発信)の方法を取られます。

が、本当に大切なコミニケーションはインプット(受信)なのです。

実際、学校をはじめ社会においても、私達はアウトプット(発信)の方法を主体に
学んできていることが多いはずです。

「書く」 「話す」 「発表する」 「プレゼンテーションする」 「報告する」など。

ただ人は、はっきり物を言える人もいれば、うまく伝えることが苦手な人もいます。
ひとつ言えることは、言葉は表面上の内容だけでなく、それ以外の場合があるということです。

私達は言葉のやりとりをしながら、同時に心の本音も発信し、また受け止めています。
「本当は、こういう事を言いたいんだな・・・」など「察する」ということがあるはずです。

これに近い受け止め方が、「聴く」(インプット)なのです。

「聴く」は、相手を理解しようとし、受け入れているよとサインを出すこと。
これは、相づちをうったり、言葉を復唱したりなど簡単なことで出来ることです。

この「聴く」ことを意識して実行するだけで、部下や組織内でのコミニケーションはもちろん、
会議などの進み方も大きく変わります。

コミニケーションが取れてないなぁ・・・と思われている方。

是非、「聴く」ということを意識して見て下さい。

これも、大事なリーダーの役割です。

◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇
住所:兵庫県芦屋市山芦屋町10-5
Mail:mail@justice-j.ne.jp
H P:http://www.justice-j.ne.jp/

問合せ時間 10:00~18:00
【発行者】 株式会社ジャスティス
       JusticePlanning ジャスティスプランニング

~ジャスティスプランニングは神戸、芦屋、大阪を中心に
             サービス業のコンサルティングを行っています~

◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇

株式会社然